はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

2024-01-01から1年間の記事一覧

会社から香典を頂いた場合お返しはどうすればいいの?職場への香典返しはケースも様々

家族や親族など、近親者が亡くなった際に勤務先の方からお香典を頂くことがありますが、会社からお香典を頂いた場合はどのようにお返しをするのが正解なのでしょうか? この記事では職場や団体から頂いたお香典に対しての返礼の仕方についてまとめています。…

葬儀の形式と種類 ~その人らしい葬儀を。自分らしく心のこもった葬儀のために~

葬儀には様々な種類がありますが、近年は「その人らしい葬儀」が求められる時代になってきています。一般的な種類といえば「家族葬」「一般葬」「密葬」などですが、その他にもあまり知られていない葬儀の種類もございます。故人の生前の人なりや、遺族の気…

喪中はがきを受け取ったら喪中見舞いを送りましょうというあのCMで勘違い

「喪中見舞い」という言葉を耳したことはありませんか? 喪中の方に対してお悔やみ状などと共に品物(お供え)や香典を送ることを指しますが、近親者を亡くした遺族に対して慰めや気遣いをし、また故人への哀悼の意を示す役割もあります。 最近では喪中見舞…

【終活】自分らしい最期を迎えるためのエンディングノート

自分に万一のことが起こった時のために、終活の取り組みの一つとして遺族に伝えておきたい様々な事を書き留めておくのが「エンディングノート」です。 葬儀や埋葬の形式だけでなく、万が一にも病気や怪我で意識不明になったり、認知症などで正常な判断を下せ…

満中陰志とは? 満中陰の時期やのしの書き方~粗供養との違い

満中陰とは主に関西地方で使われている言葉ですが、読みは「まんちゅういん 」といい、49日の忌明けを指す言葉です。 その際の香典返しを「満中陰志(まんちゅういんし)」といいます。 関東や東北などから移り住んだ方などはあまり馴染みのない言葉で戸惑う…

お札の向きと包み方

お札には表と裏が存在しますが、皆さんは香典を包む際にその向きに注意をしたことはありますか? 香典に関してはお札は裏向きに入れることがマナーとされており、なぜ「裏」なのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。 この記事ではお札の入れ方や香…