はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

間違えやすい初盆の時期~初盆(新盆)は亡くなってすぐのお盆のこと?うちは今年初盆なの?

f:id:gifcon2:20180427152503j:plain

故人が亡くなってからはじめて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」や「新盆(にいぼん)」などといいます。

人によっては49日を終えたらすぐに初盆という場合もあり、「えっ!?もう初盆?来年じゃないの?」と自分の家がいつ初盆をすればいいか分からなくなるという方も実は多く、その逆で「亡くなってすぐのお盆だと思っていた」という方も結構多いんです。

初盆は49日を終えてから

初盆は49日の忌明け後にはじめて迎えるお盆を指しますので、49日を終えているかどうかを基準に考えます。くれぐれも命日を基準に計算しないように気を付けましょう。
49日がその年のお盆後であれば初盆は翌年行います。

初盆は故人のはじめての里帰り

お盆の時期はご先祖様の霊が年に一度あの世から家に帰ってくると言われています。
ですから、初盆はいわば「はじめての里帰り」とも言えます。

だからこそ、この初盆の時だけは普段のお盆よりも念入りに、また盛大に行われることが多いのです。

お盆は毎年家族だけ、または親族のみで行うというところでも、初盆だけは故人と縁のあった方を法要にお招きすることもあります。
また、毎年お盆の行事を営まないという方も、初盆は法要を営む方もいらっしゃいます。

それだけ初盆はとても重要な意味を持ち、大切にされてきました。

関連記事:

初盆(新盆)のお返し のしの書き方や金額の相場・返礼品に添える礼状の文例

関連記事:

喪中はお中元も贈らないほうがいいの?自分が喪中の場合と相手が喪中の場合のお中元で気をつけること

初盆とは何をするの?

一般的には盆提灯や、精霊棚(しょうりょうだな)にお供え物を飾ったりして先祖の霊を”おもてなし”します。

f:id:gifcon2:20180427201439j:plain

精霊棚にはその年の作物やお菓子などをお供えします。
初盆を迎える故人が好んだ食べ物をお供えしてもよいでしょう。

また作物などの他に、なすびときゅうりを馬と牛に見立てた精霊馬(しょうりょううま)も飾ります。

この精霊馬は、「きゅうりの馬で行きは早く、なすびの牛で帰りはゆっくり」という意味があり、故人を懐かしみ偲ぶ気持ちのあらわれでもあります。

盆提灯や精霊棚などは仏具屋さんなどでセットで販売されているものもありますのでそういうものを利用すると便利です。

住宅事情などの都合であまりしっかりとした飾りができない場合でも、仏壇の前に白いテーブルクロスを掛けた机を置き、お盆(トレー)にお供え物を並べ、精霊馬を飾るだけでも十分でしょう。

要は立派な盆飾りをするから正解ではなく、先祖の霊を供養する気持ちが大切なのです。

初盆について詳しくは別記事にまとめておりますのでこちらもご覧ください。

www.kouden-guide.info

一般的なお盆の時期

毎年お盆の行事は8月13日~8月15日に行う場合が多く、初盆もこの間に行うのが一般的です。

地域によってはお盆を7月13日~7月15日に行うところもあります。

初盆の法要を営む際は、地域の習慣や、法要に来ていただくお寺に相談をされるのがよいでしょう。