はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

香典金額の書き方 5千円の場合はどう書くのが正解?

香典袋には必ず金額の記載が必要ですが、書き方や書く位置などで迷われた方も多いのではないでしょうか。

この記事では香典袋に記載する数字の書き方やお金の入れ方についてご説明しています。

大人なら知っておきたい基本マナーですのでぜひ当記事をご参考にして下さいませ。

 

金額の書き方

1 2 3 5 7 8 10 円 
阡 千 圓 円

金額を旧字体で書くのは、書き換えを防ぐためと言われており、香典管理の場で正確に金額を記録するためとされていますが、
「一」「二」「三」などの漢数字で書いてもかまいません。

例:五千円の場合

「伍阡圓」「五千円」
金五千円也なとど書きます。

例:一万円の場合

「壱万円」「壱萬圓」「一万円」
金壱萬円也などと書きます。

※4・9は死や苦を連想させるので避ける
※千は千でも阡でもよい
※円は円でも圓でもよい
※也はなくてもよい

横書きの場合は算用数字でよい

近頃では市販の香典袋に金額を書く欄が設けられていますが、それが横書き用の場合は「金30,000也」などと算用数字で書いてもかまいません。
市販の香典袋の場合、書き方の説明がある場合は指示に従って記入しましょう。

香典袋の中身と記入した金額が合っていることが大事なので、くれぐれもお金の入れ忘れには注意をしましょう。

www.kouden-guide.info

お札の入れ方 

お札には表と裏があり、顔があるほうが「表」となります。
香典の場合はお札を裏向きに入れると言われておりますので、中包みなどにお金を入れる際は「お札の顔が袋の裏側」を向くようにし、「顔が下」になるように入れます。

f:id:gifcon2:20170802180910j:plain

中包みには表側に金額を書き、裏側に差出人の住所や氏名を明記します。
こちらも市販の香典袋には欄が設けられていることがほとんどですのでそれに沿って書きます。

中包みがついていない場合や、中包みを使用しない場合のお金の入れ方

最初から中包みがついていない封筒タイプや、「不幸が重なる」という連想を避けるため、あえて中包みを使用しないという場合でもお金の入れ方は中包みがある場合と同じく、包みの裏側にお札の表が向くように・顔を下にして入れます。

また、住所や金額は包みの裏側に書きますが、中央より下・左側に書きます。
横書きの場合は右側に寄せてもかまいません。
遺族の方や帳場での会計がしやすいように見やすく配慮して書きましょう。

お札は新札でもよい

一昔前なら「あらかじめ用意していたみたい」だとお香典での新札の利用は避けられていましたが、最近は「古いお札のほうが用意しづらい」「きれいなお札のほうがいい」など理由は様々ですが、新札でも構わないという風潮に変化してきています。

これは、昔はATMなどがなく、不幸は突然の出来事で新札の用意自体が困難であったため、新札をすぐに用意することが難しかったことから香典では不幸を待っていたようだと思われるので古いお札が良いとされていたのではないでしょうか。

またお札のデザインが変わり、世間に出回るお札もきれいなものがほとんどで、くたびれた古いお札自体を目にすることも減りました。

他にも、新札は一枚一枚がくっついていて数えづらいという理由もあったようです。

でも、新札はやはり抵抗があるという方はお札を一度半分に折り、折り目を入れてから包むといいでしょう。 わざわざクシャクシャにする必要はありません。

--合わせて読みたい--

www.kouden-guide.info

www.kouden-guide.info