はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

日にちが経ってから香典を頂いた場合のお返しの表書きと礼状の書き方&訃報を遅れて知った場合のお悔やみの仕方

 

f:id:gifcon2:20170706002300j:plain

基本的には香典返しをする

忌明け後に日を経てからお香典を頂くというケースも少なくないかと思いますが、基本的には頂いたお香典に対してのお礼としてお香典返しを贈ります。

葬儀を終え「忌明け前」にお香典を頂いた場合

遅れてお香典を受け取った場合でも、忌明けがまだ済んでいないということであれば、四十九日の忌明けの際に、他の方と同様に香典返しをされるのがよいでしょう。

葬儀を終え「忌明け後」にお香典を頂いた場合 

時期が遅れていても相手のご厚意に対してお返しは必要です。

ただ、挨拶状を添える場合、一般的な香典返しに添える挨拶状としては、葬儀への参列やお香典に対してのお礼という意味も含ませた文章になっていることが多いため、あまりに何ヶ月・一年後など日が経ちすぎている場合は、逆に相手を申し訳ない気持ちにさせてしまう場合もあります。

また、「忌明けの法要を滞りなく行いました」という報告も兼ねた文章構成になっているものが多いため、贈るケースによってはそのまま使いづらい場合もあります。

可能であれば、文章の構成を見直したり、文面が変更できる場合は
”お香典に対してのお礼状”として、内容を改めてもよいでしょう。

遅れて頂いたお香典に対しての挨拶状文例

謹啓
この度は父○○永眠に際し過分なる御厚志を賜りご厚情の程誠に有難く厚く御礼申し上げます
故人に賜りました御厚誼に対しまして深く感謝申し上げます
早速拝眉の上親しく御礼申し上げるのが本意ではございますが書中をもってお礼方々御挨拶申し上げます
敬白
平成○年○月
田中一郎(←喪主・差出人名)

謹啓(きんけい) 手紙の始めに書く、あいさつ語。つつしんで申し上げますの意。
御厚志(ご-こうし) 情の厚い心。親切な気持ち。相手の好意などに対していう。
御厚情(ご-こうじょう) あついなさけ。思いやりのある心。親切な気持ち。厚志。厚意。
御厚誼(ご-こうぎ) 情があつい交際。深い親しみの気持ち。あついよしみ。
拝眉(はいび) 人に会うことをへりくだっていう語。
敬白(けいはく)

うやまい謹んで申し上げるの意。

挨拶状に句読点は使わない

挨拶状には普段の手紙と違い句読点(、。)は使いません。
句読点は文章を読みやすくするために、明治頃に学校で子供が読みやすいように用いられたとされ、句読点を使用することは相手の読解力がないと言っているのと同じと捉えられ失礼にあたるからです。

香典返しの表書きと金額の相場

遅れて頂いたお香典に対しても表書きは「志」とします。
志は弔事で使われ、宗教に関係なく用いることができる表書きです。

関西や西日本では「満中陰志」とする場合がありますが、これは仏式のみで、それ以外の場合は「志」とされるのがよいでしょう。

お返しの金額についても、3分の1から半額程度が一般的ですが、一家の働き手が亡くなった場合などは3分の1程度でよいとされています。

お返しは不要と言われた場合

お香典を差し出す方の中には、遺族の方に気を遣わせるのは避けたいけど、お悔やみの気持ちは表したいと考えられる方もいらっしゃるでしょう。

まして忌明けから一年後などにお香典を差し出す場合には、知らなかったこととはいえ相手も相当な気を遣われていると考えられます。

そんな相手に、格式張った挨拶状などを添えてお香典返しをしたのでは、「今頃こんな気を遣わせてしまった・・」と申し訳なく思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

辞退されても基本的にはお返しは必要ですが、遺族を気遣って香典返しを辞退された方には、お香典返しとしてではなく、夏の頃なら「お中元」や「暑中見舞い」「残暑見舞い」として、冬の頃なら「お歳暮」や「寒中見舞い」などとして、礼状を添えてお返しとしてもよいでしょう。

あまり頑なになっては相手の気持ちを踏みにじることにもなりかねませんので、そこは臨機応変に相手のご厚意を汲んで判断をしましょう。

感謝の気持ちを伝える方法は お香典返し以外にもあるのです。

 

www.kouden-guide.info

訃報を遅れて知った場合

不幸を遅れて知った、止む終えない事情でお香典が遅れる場合などは、不幸を知った時点ですぐに相手の都合を聞いてお悔やみに出向きましょう。
その際、「ご不幸を存ぜず失礼いたしました。お悔やみが遅れて申し訳ありません」などと知らなかった事情を話しお詫びします。

相手の都合が悪く直接お悔やみに出向けない場合は、香典にお悔やみの手紙を添えて現金書留で郵送します。

香典に添えるお悔やみの手紙・文例

お父上様のご逝去の悲報に際しまして心よりお悔やみ申し上げます。
ご不幸を存ぜず失礼いたしました。
取り急ぎ心ばかりのものを同封いたしましたので、御霊前にお供えいただければ幸いでございます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
合掌

香典を郵送する場合でも表書きや中袋の記載は忘れずに

香典を現金書留で郵送する場合でも、持参する場合と同様に表書きと中袋に書く、金額や氏名、住所などは必ず書くのがマナーです。
遺族の方が後で整理する際に困らないよう、丁寧に書きましょう。

お悔やみの手紙は封筒で

親しかった人の死をいたみ、遺族を慰めるために出すものですから、必ずはがきではなく封筒で出します。

便箋と封筒はシンプルな白無地を使いましょう。

「不幸が重なる」という連想を避ける意味で、便箋は一枚におさめ、一重仕立ての封筒を使用しましょう。

香典の表書きは「御霊前」と「御仏前」に注意

四十九日の忌明け前は「御霊前」、忌明け後は「御仏前」となりますので注意が必要ですが、わからない場合は「御香典」などとしてもよいでしょう。

また、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教の場合は「御花料」とします。

 

【参考文献】

冠婚葬祭お金とマナー大辞典:主婦の友社編
作法が身につく しきたりがわかる 冠婚葬祭マナーの便利帖:岩下宣子 (著, 監修, 監修)
お坊さんがイチから教える! 葬儀・法要のマナーと心がまえ―宗派ごとの違いも大胆に説明:現代の葬儀を考える僧侶の会 (監修)
冠婚葬祭とマナーの基本事典:ザ・アール監修・成美堂出版
三越伊勢丹の最新 儀式110番: こんなときどうする? 冠婚葬祭:三越伊勢丹ホールディングス (著)