はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

法要当日は何を着ればいいの?赤っ恥にならないために、平服でOKと言われた場合の服装の最低ラインは?

f:id:gifcon:20170412233527j:plain

喪主側、参列者側に厳密な決まりはありませんが、一般的な服装をご紹介します。    

施主(遺族)側の服装

男女ともに三回忌までは喪服が良いでしょう。それ以降は年月とともに色目を薄くしていき黒からグレー、紺などにしていきますが派手なデザインや色味は避け、地味なものを選びましょう。

施主は参列者より軽い服装にならないように気をつけましょう

施主側が平服の場合は案内状に「平服でお越しください」と一言触れておくとよいでしょう。      

参列者側の服装

色は黒で、男性であればスーツ、女性であればワンピースかスーツとされています。

七回忌以降は、平服で構いませんが、ラフな服装は避けたほうが無難でしょう。

「平服でお越しください」と言われた際も、上記の服装であれば失礼にあたりません。

男性の場合

スーツであればシングルで・ダブルのどちらでも構いません。ネクタイや革靴のように目立ちづらいため気を抜きがちですが、靴下も黒にし、派手な柄の無いものにしましょう。

女性の場合

肌を露出する服装は避け、派手にならない装いを心がけましょう。
また、正座をした時に膝が出ないよう、丈の短いスカートは避け、膝下までのものを選びましょう。

子供の場合

学校指定の制服があればそれを着用します。指定の制服がない場合は、ブレザーにズボン、またはスカートやワンピースにし、色は黒やグレー、紺など目立たない服装にします。靴も学校指定のものがあればそれで良いですが、ない場合は黒やグレーなどのスニーカーでも良しとされています。

 

f:id:gifcon:20170406131151j:plain

「平服=普段着」は赤っ恥のもと

平服とは簡単にいえば普段着ということにもなりますが、かといって本当に普段着で行くと失礼になり、赤っ恥をかくハメに・・。

平服=普段着という考えはしないことから、ジーパンやTシャツなどはもってのほか。あくまでフォーマルな雰囲気を守りつつ、服装を選ぶようにしましょう。

男性の場合は、黒やグレーなど色が派手にならない地味目のスーツを選び、白のシャツに黒または暗いグレーや紺色などのネクタイを着用しましょう。

女性の場合は、スーツやワンピース、アンサンブルなどで、いずれも色は黒やグレーなど地味目の装いにしましょう。スーツの場合はパンツスーツでも良いとされてますが、ブラウスやシャツなど白は避けましょう。基本的に肌の露出の無いものを選びましょう。

身につける小物や靴も同様で、男女ともにアクセサリーの付けすぎや派手な腕時計は避け、革や毛皮など殺生を連想させるものも避けます。

あくまで法事は、慶事でも遊びの集まりでもありませんので、控えめな装いを心がけましょう。 

gifcon.hatenadiary.com

gifcon.hatenadiary.com

 

【参考文献】
葬儀・法要・相続 マナーと手続きのすべて:主婦の友社編
お坊さんがイチから教える! 葬儀・法要のマナーと心がまえ―宗派ごとの違いも大胆に説明:現代の葬儀を考える僧侶の会 (監修)
冠婚葬祭とマナーの基本事典:ザ・アール監修・成美堂出版
作法が身につく しきたりがわかる 冠婚葬祭マナーの便利帖:岩下宣子 (著, 監修, 監修)