読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

通夜・葬儀・告別式

遺体の搬送 病院で臨終を迎えた際の遺体の搬送から安置まで、知っておきたい手順

病院でなくなった場合、ご遺体を自宅や所定の安置所に搬送する必要があります。 ここでは、搬送に際しての基本知識やスムーズにご遺体を安置するために必要な手続きなどをご紹介します。 ご遺体の搬送先を決める ご遺体の搬送先は故人が暮らしていたご自宅と…

危篤とは 危篤の知らせを受けたときの対応と遺体の搬送手配について

危篤とは 危篤とは、病状が悪化したり、呼吸が浅くなったりと、危篤の定義についてはきちんとした決まりがあるわけではないですが、いつ亡くなってもおかしくない状態のことをいいます。 医師から危篤の知らせを受けたら 病院から危篤の知らせを受けたときは…

芸能人・著名人の弔辞まとめ~心に残る感動の言葉の数々

弔辞とは タモリ(森田一義)さんの弔辞(故 赤塚不二夫さんへ) カンニング竹山さんの弔辞(故 相方・中島忠幸さんへ) 竹中直人さんの弔辞(故 忌野清志郎さんへ) 甲本ヒロトさんの弔辞(故 忌野清志郎さんへ) 肝付兼太さん(スネ夫声優)の弔事(故 ジ…

弔辞書き方のポイント、読み方など弔辞を依頼されたときのマナー

弔辞は断らずに引き受けるのがマナー 告別式で読み上げられる弔辞は、故人のとの思い出を語り、悲しみ、悼み、別れを惜しむ言葉を読み上げるものです。 遺族は、個人との関係を考えて、是非にと思う人に依頼しますので、弔辞を頼まれたらよほどのことがない…

【香典辞退】香典は本当にしなくても大丈夫?香典を辞退する側・される側

昔は葬儀にかかる費用を香典でまかなっていたこともあり、相互扶助つまり「助け合い」の意味での香典が一般的でしたが、昨今では香典返しの負担などを考えて遺族が香典を辞退するケースが増えています。 それでは、本当に香典辞退の場合は香典を用意しなくて…

葬儀と告別式はどう違う?言い方が違うだけで意味は同じなの?葬儀・告別式でのふるまい、出棺の際の見送りなど会葬のマナーとは

葬儀と告別式は儀式の内容が違う 葬儀は故人を葬る儀式で、遺族や近親者、特に関わりの深かった人だけで行われます。告別式は、葬儀の後に営まれ、故人にゆかりのある人が別れを告げる儀式です。 一般の人は告別式に参列しますが、最近は葬儀も告別式も続け…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【子供編】通夜や告別式に行くときの子供の服装にも決まりがある?子供だから自由でいいの?フォーマルな場で子供の服装で恥をかかないために

学生の場合は制服を着用する 学校指定の学生服がある場合は、男女ともに制服が正式礼装となります。 冬場にコートを着せる場合は、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で営まれる場合は玄関に入る前に脱ぎましょう。コートも黒やグレー、紺などの無地で…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【男性編】通夜・告別式への参列の際に気をつけたいNGファッション。ふさわしい装いとは。身につける時計や靴下にまで配慮を。

gifcon.hatenadiary.com 通夜・告別式に参列する際の服装 男性の喪服の正式礼装は、洋装の場合ですとモーニングコートになりますが、最近では、喪主をはじめ、遺族や近親者、一般会葬者まで、通夜・葬儀・告別式を通じでブラックスーツを着用することが一般…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【女性編】通夜・告別式への参列の際に気をつけたいNGファッション。ふさわしい装いとは。ヘアメイクや小物にもマナーがある。

gifcon.hatenadiary.com 通夜・告別式に参列する際の服装 正式な喪服は、もともと遺族だけが着るものでしたが、現代では遺族以外でも喪服を着用することが一般的になってきました。 遺族が着るもの、という本来の意味からすれば、一般会葬者の立場であれば、…

通夜への参列で気をつけたい通夜の服装や弔問のマナーについて。お通夜へは何を着て行くのが正解?お悔やみの言葉にもタブーがある?通夜ぶるまいは受けたほうがいいの?

通夜は本来、故人と深い関わりをもつ人たちが集まり別れを惜しむ場 本来、通夜は遺族や近親者、親しい友人たちが集まり、夜通し故人との最後の別れを惜しみ、故人の霊と遺族を慰めるためのものでした。 しかし、最近では通夜も告別式と同じように「故人とお…

香典袋の書き方・香典 金額の目安など突然の出来事にも慌てないために知っておきたい香典の基本マナー

不祝儀袋(香典袋)の水引は結び切り・表書きは相手の宗教により異なります。 弔事では水引の結びは「不幸が二度と起こらないように」とほどけない「結び切り」を使います。色は黒白か、双銀(銀一色)、神式では双白(白一色)もしくは、黒白が一般的とされ…