読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてでもわかる!葬儀・香典返し完全ガイド

突然の出来事に慌てないために、仏事に関わる疑問をシーン別にまとめてみました。これが正解!の頑なさより、状況に合わせて対応できる一般的な常識人を目指そう

【喪中 お中元 のし】喪中の方へのお中元は控えるべき?自分が喪中の場合はお中元は贈ってもいいの?喪中について学ぼう

喪中とは 喪中や忌中など耳にすることがあるかと思いますが、一般には近親者が亡くなったとき一定期間、身を慎むことを「忌服(きふく)」と言います。かつては死のけがれの重い期間を「忌」、けがれが薄くなった期間を「喪」としていました。 「忌中」は、4…

遺体の搬送 病院で臨終を迎えた際の遺体の搬送から安置まで、知っておきたい手順

病院でなくなった場合、ご遺体を自宅や所定の安置所に搬送する必要があります。 ここでは、搬送に際しての基本知識やスムーズにご遺体を安置するために必要な手続きなどをご紹介します。 ご遺体の搬送先を決める ご遺体の搬送先は故人が暮らしていたご自宅と…

危篤とは 危篤の知らせを受けたときの対応と遺体の搬送手配について

危篤とは 危篤とは、病状が悪化したり、呼吸が浅くなったりと、危篤の定義についてはきちんとした決まりがあるわけではないですが、いつ亡くなってもおかしくない状態のことをいいます。 医師から危篤の知らせを受けたら 病院から危篤の知らせを受けたときは…

芸能人・著名人の弔辞まとめ~心に残る感動の言葉の数々

弔辞とは タモリ(森田一義)さんの弔辞(故 赤塚不二夫さんへ) カンニング竹山さんの弔辞(故 相方・中島忠幸さんへ) 竹中直人さんの弔辞(故 忌野清志郎さんへ) 甲本ヒロトさんの弔辞(故 忌野清志郎さんへ) 肝付兼太さん(スネ夫声優)の弔事(故 ジ…

弔辞書き方のポイント、読み方など弔辞を依頼されたときのマナー

弔辞は断らずに引き受けるのがマナー 告別式で読み上げられる弔辞は、故人のとの思い出を語り、悲しみ、悼み、別れを惜しむ言葉を読み上げるものです。 遺族は、個人との関係を考えて、是非にと思う人に依頼しますので、弔辞を頼まれたらよほどのことがない…

香典返し カタログギフトのメリット・デメリット。商品券とカタログギフトではどちらが喜ばれる?香典返し最近の傾向は?

カタログギフトとは その名の通り、カタログ一冊に複数の商品が掲載されており、受け取った側がその中から好きな品物などを選ぶというもの。 近頃ではこのカタログギフトが、贈る側も受け取る側も非常に多くなってきているのではないでしょうか。 香典返しに…

【香典辞退】香典は本当にしなくても大丈夫?香典を辞退する側・される側

昔は葬儀にかかる費用を香典でまかなっていたこともあり、相互扶助つまり「助け合い」の意味での香典が一般的でしたが、昨今では香典返しの負担などを考えて遺族が香典を辞退するケースが増えています。 それでは、本当に香典辞退の場合は香典を用意しなくて…

法事と法要の違い-法事と法要にはきちんとそれぞれの意味がある。追善供養とは?

僧侶にお経をあげてもらうことが法要 亡くなった人に対して行う供養を「追善供養」といいます。 法要はこの供養、つまり遺族が故人を偲び冥福を祈り、僧侶にお経をあげてもらうことを「法要」といい、追善供養の後の会食までを含む行事を「法事」といいます。…

葬儀と告別式はどう違う?言い方が違うだけで意味は同じなの?葬儀・告別式でのふるまい、出棺の際の見送りなど会葬のマナーとは

葬儀と告別式は儀式の内容が違う 葬儀は故人を葬る儀式で、遺族や近親者、特に関わりの深かった人だけで行われます。告別式は、葬儀の後に営まれ、故人にゆかりのある人が別れを告げる儀式です。 一般の人は告別式に参列しますが、最近は葬儀も告別式も続け…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【子供編】通夜や告別式に行くときの子供の服装にも決まりがある?子供だから自由でいいの?フォーマルな場で子供の服装で恥をかかないために

学生の場合は制服を着用する 学校指定の学生服がある場合は、男女ともに制服が正式礼装となります。 冬場にコートを着せる場合は、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で営まれる場合は玄関に入る前に脱ぎましょう。コートも黒やグレー、紺などの無地で…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【男性編】通夜・告別式への参列の際に気をつけたいNGファッション。ふさわしい装いとは。身につける時計や靴下にまで配慮を。

gifcon.hatenadiary.com 通夜・告別式に参列する際の服装 男性の喪服の正式礼装は、洋装の場合ですとモーニングコートになりますが、最近では、喪主をはじめ、遺族や近親者、一般会葬者まで、通夜・葬儀・告別式を通じでブラックスーツを着用することが一般…

お通夜・葬儀・告別式のマナー 【女性編】通夜・告別式への参列の際に気をつけたいNGファッション。ふさわしい装いとは。ヘアメイクや小物にもマナーがある。

gifcon.hatenadiary.com 通夜・告別式に参列する際の服装 正式な喪服は、もともと遺族だけが着るものでしたが、現代では遺族以外でも喪服を着用することが一般的になってきました。 遺族が着るもの、という本来の意味からすれば、一般会葬者の立場であれば、…

通夜への参列で気をつけたい通夜の服装や弔問のマナーについて。お通夜へは何を着て行くのが正解?お悔やみの言葉にもタブーがある?通夜ぶるまいは受けたほうがいいの?

通夜は本来、故人と深い関わりをもつ人たちが集まり別れを惜しむ場 本来、通夜は遺族や近親者、親しい友人たちが集まり、夜通し故人との最後の別れを惜しみ、故人の霊と遺族を慰めるためのものでした。 しかし、最近では通夜も告別式と同じように「故人とお…

香典袋の書き方・香典 金額の目安など突然の出来事にも慌てないために知っておきたい香典の基本マナー

不祝儀袋(香典袋)の水引は結び切り・表書きは相手の宗教により異なります。 弔事では水引の結びは「不幸が二度と起こらないように」とほどけない「結び切り」を使います。色は黒白か、双銀(銀一色)、神式では双白(白一色)もしくは、黒白が一般的とされ…

喪中(もちゅう)と忌中(きちゅう)の違いとは?2つの期間でやってはいけないことや過ごし方はどう異なるのか

「喪中」も「忌中」も基本的な過ごし方やマナーは同じ 近親者が亡くなったとき、一定期間、身を慎むことを「忌服(きぶく)」と言います。かつては死のけがれの重い期間を「忌」、けがれが薄くなった期間を「喪」としていました。 一般には「忌中」は、49日…

昔、香典は「米」だった!? 香典返しにふさわしいものや香典返しでのタブーとは? 商品選びに困ったらまずは香典についての歴史を知ろう!

目次: 古くは香典は「米」だった!? 香典返しにふさわしいものや定番商品とは 香典返しのタブーとは 時代に合わせて変化する香典返し 香典返しには挨拶状を添えましょう 古くは香典は「米」だった!? 現代では「香典=お金」という認識ですが、古くは金銭…

少なすぎず返しすぎない香典返し - 金額の目安と一家の働き手が亡くなった場合の香典返し金額について

香典返しの相場は半額から3分の1 香典返しの金額の目安は、頂いた香典額の半額程度とされていますが、香典の額には開きがあるので、何段階かに分けて一律のものをお返しする方法もあります。 例えば、5千円までの香典には2千円の品、1万円までは5千円の品と…

香典返しをする時期とそれまでにやっておくべき準備 香典返しはいつ頃送ればいいの?

本来は忌が明けてから贈るもの 仏式では通常、三十五日か四十九日の忌明けを過ぎた頃に相手に届くように手配します。本来は香典返しというしきたりがない仏式以外の宗派の場合でも、日本の習慣が影響して、五十日祭や三十日目の追悼式・一ヶ月目の召天記念日…

法要に招かれたらできるだけ出席しましょう。供物の渡し方や出欠の返事

法要に招かれたらできるだけ出席しましょう 法要に招かれた場合は出征旗するのが原則です。病気などのやむを得ない事情を除き、できるだけ出席するようにしましょう。 また、法要はあくまで招待されたら出席するものですので、こちらから日取りを確認したり…

香典返しにはお礼を言ってはいけない!香典返しは貰いっぱなしでいいの!? 香典返しを受け取ったらお礼はする?しない?

香典返しを受け取ったらお礼を述べてはいけない 葬儀後、忌明けに合わせて香典返しが送られてくる場合がありますが、香典返しを受け取ったときには、礼状も含め、お礼を述べることは失礼に当たります。 お礼にお礼は必要なく、不祝儀の場合は「繰り返される…

法要当日は何を着ればいいの?赤っ恥にならないために、平服でOKと言われた場合の服装の最低ラインは?

喪主側、参列者側に厳密な決まりはありませんが、一般的な服装をご紹介します。 施主(遺族)側の服装 男女ともに三回忌までは喪服が良いでしょう。それ以降は年月とともに色目を薄くしていき黒からグレー、紺などにしていきますが派手なデザインや色味は避…

法要が重なったら場合。日を分けてしなければいけない!?法要を併修する際の案内状の書き方など

法要はまとめて行ってもよい 一年のうちに2つ以上の年忌法要が重なった場合は、回忌の近い他の故人と法要を一緒に行うこともあります。これを「併修(へいしゅう)」または「合斎(がっさい)」といいます。 併修を行う場合は、日取りは早いほうの命日と合わ…

香典返しのお礼状は単なる手紙とは違う!香典返しに添える挨拶状(お礼状)には様々な決まりがあります。宗派ごとの文面の違いや忌明け挨拶状についての基本を抑えておきましょう。

目次: お香典返しには挨拶状を添える 宗派ごとに変わる文面 挨拶状文例:仏式の場合 多様化する挨拶状の形式 宅配が増えたによって一般的になってきた略式挨拶状 より丁寧な印象の「奉書」(巻紙)タイプ 挨拶状は喪主や遺族の感謝の意を伝えるもの お香典…

香典返し 熨斗の書き方。表書きは?のし?掛け紙?水引の色にはきまりがあるの?一般的に言われるのし紙についてとは

水引について ※弔事でも紅白の水引を使用することもある のし紙の表書き 満中陰とは? 神式やキリスト教では「偲び草」とされることも 香典返しの場合のし下は「故人」の苗字 相手が故人とあまり縁がなかった場合は 「志」と「寸志」の違いに気をつけて! 水…

喪中の過ごし方。喪に服すとは?お中元やお歳暮も控えるべき?喪に服すのは何親等まで?喪中に訪れる年中行事や結婚式への参加について

喪中とは? 近親者がなくなった場合、一定の期間、死を悼み見を慎むことを、「服喪(ふくも)」や「忌服(きぶく)」といいますが、忌服の「忌」は忌中、「服」は喪中をそれぞれ表します。 忌中は故人のために祈りを捧げる期間で、一般的には四十九日法要ま…

喪中はがきを出す時期は?喪中はがきは出さないとダメ?誰にいつまでに出すのが正解?喪中はがきを出すのは何親等まで?

喪中はがきとは 一年以内に身内に不幸があった場合、喪に服するために新年の挨拶を書くことを事前に知らせる挨拶状(=年賀欠礼ハガキ)のことを喪中はがきといいます。 喪中はがきを出す範囲や時期は? 一般的には二親等までが喪中はがきを出す対象になりま…

年忌法要とは。法要の数え方や一周忌と一回忌の違いについて。四十九日後に営まれる法要を順にご説明致します。

49日後の法要について 葬儀を終え、忌明けの法要を済ませてもそれで終わりではありません。 この記事では、年忌法要の数え方や、行われる法要について順にご紹介します。 年忌法要とは 年忌法要とは無くなった人(故人)を偲び供養を行う事で、これを「追善…

香典返しに商品券は贈るのはタブー!?商品券があまり利用されない理由と商品券を贈る際に気をつけたいこと

便利なようで難しい商品券 香典返しに商品券を贈ること自体は明らかなマナー違反というわけではありません。 しかし、心遣いに対してのお返しが現金と変わらない商品券では、あまりに直接的すぎるという意見も少なくありません。 実際に、「直接お渡ししても…

生前にお見舞いをもらってる方へのお香典返しも他の参列者と同じでいいの?香典返しとは別に何か用意しなくてはいけないの?

亡くなったのだからお返しは不要と考える方もいらっしゃいますが、お世話になり気遣って頂いた方へはきちんと感謝の気持ちを伝えたいものです。 お香典返しに金額を上乗せしてお返しする場合 頂いたお香典の金額よりもお返しの額を上げてお返しをされる方が…

職場など団体への香典返しをする場合。一人ひとりにお返しは必要?金額の相場は?

会社への香典返しは必要? まず頂いたお香典の差出人が「法人」なのか「個人」かで対応は変わってきます。 1..会社名義のお香典 2.社長や部長など上司から個人名義でのお香典 3.部署一同や、有志などから頂いたお香典 まず、1のような法人のお香典の場合は福…

香典返しを辞退された方への対応。本当に何もしなくていいの?贈ってはいけない場合もあるって本当!?

基本的には辞退されてもお返しするのがマナー 遺族を気遣って「お香典返しを辞退します」といった方や、職場など一同で香典をするにあたり一人ひとりの金額が少額になるため"お返しには及びません"と辞退される場合もありますが、基本的にはお返しは必要とい…

香典返しのマナー/香典返しの品物選び・相場など、香典返しの時期やスムーズに行うための基礎知識

そもそも香典返しとは? 香典返しをする時期は? 金額の相場は? 香典返しにふさわしいもの・避けたほうがよいもの 香典返しを贈るとき挨拶状は必要? ~おまけ 1 ~ 芳名帳の整理・記帳について ~おまけ 2 ~ 香典帳は残しておく そもそも香典返しとは? …